teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/792 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第8回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会第1日の結果

 投稿者:隠居  投稿日:2021年 7月17日(土)17時49分58秒
  通報 返信・引用
   2021年7月17日(土)、長野県上田市菅平高原のサニアパーク菅平において第8回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会が始まりました。

 初日の17日は予選リーグが行われ、高知県代表として予選Pプールに出場した土佐塾高校ラグビー部は、新潟県代表の開志国際高校、東京都代表の早稲田実業高校と対戦しました。

 開志国際高校は、ラグビー部が創部されて6年目の新しいチームですが、昨年の「花園」に北信越ブロック代表として初出場し、今春の「選抜」にも初出場するなど、急速に力をつけてきているチームです。
 早稲田実業高校は、言うまでもなく早稲田大学の系属校であり、ラグビー部も激戦区である東京都のみならず全国的に名の知られた強豪校です。(古いラグビーファンとしては早稲田大学と同じ「アカクロ」(臙脂と黒の段柄ジャージ)と対戦できるのは大きな喜びです。)


土佐塾高校 14 対 59 開志国際高校

 土佐塾高校 前半 開志国際高校
   1    T    5
   1    G    4
   0   PG   0
   0   DG   0

   7   小計  33

       後半
   1    T    4
   1    G    3
   0   PG   0
   0   DG   0

   7   小計  26

  14   合計  59


土佐塾高校 0 対 55 早稲田実業高校

 土佐塾高校 前半 早稲田実業高校
   0    T    4
   0    G    2
   0   PG   0
   0   DG   0

   0   小計  24

       後半
   0    T    5
   0    G    3
   0   PG   0
   0   DG   0

   0   小計  31

   0   合計  55


 予選リーグは0勝2敗で予選3位となったので、明日からの決勝トーナメントは、3位校の出場するボウル・トーナメントに出場することになりました。ボウル・トーナメント一回戦では鳥取県代表の米子工業高校と対戦します。

 現在の部員たちにとって初めての全国大会ですので、何もかもが初体験であり、全国との差を実感していると思います。個々の体格・体力の差、判断の速さ、チームとしての戦術の理解など様々な面で差があります。ではどうすればその差を埋めていくことができるか、各自が考え、実践していってもらいたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/792 《前のページ | 次のページ》
/792