teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/791 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第100回全国高校ラグビー大会高知県予選兼第73回高知県高校体育大会兼2020年度秋季大会の結果

 投稿者:隠居  投稿日:2020年11月 8日(日)20時46分13秒
  通報 返信・引用 編集済
   2020年11月8日(日)、高知県立春野総合運動公園球技場で、第100回全国高校ラグビー大会高知県予選兼第73回(2020年度)高知県高校体育大会ラグビーの部兼2020年度高知県高校ラグビー秋季大会が行われました。残念ながら、28対36で惜敗し、2年ぶりの高知県代表の座はつかみ取れませんでした。

 新型コロナ・ウイルス感染症流行のため、高校ラグビーの大会は軒並み中止となり、本年度最初の公式戦がいきなり「花園」の高知県予選という“本番”になってしまいました。しかも15人制ラグビーに参加できるチームが本校と高知中央高校だけだったため、高知県予選は決勝戦のみとなってしまいました。


土佐塾高校 28 対 36 高知中央高校

 土佐塾高校 前半 高知中央高校
   1    T    4
   1    G    1
   0   PG   0
   0   DG   0

   7   小計  22

       後半
   3    T    2
   3    G    2
   0   PG   0
   0   DG   0

  21   小計  14

  28   合計  36


 高知県内での公式戦としては1月の冬季大会(新人戦)から10カ月ぶりの試合となり、その間、新型コロナ・ウイルス感染症のため、公式戦はもちろん、夏ごろまでは練習試合どころか、チームとしての練習も、さらに言えば部員の勧誘も満足にはできない状況がつづき、部員数も少なく、チームとしての完成度は決して満足のいく状態ではありませんでした。
 新人戦では0対89と大敗してしまった高知中央高校相手では大敗も予想されたのですが、トンガからの留学生を擁し、体格や練習量、部員数でも遥かに上回る高知中央高校に、部員たちはひたすらタックルを続け、互角の勝負をすることができました。負けはしたものの、部員たちの“気持ち”を高く評価したいと思います。

 残念ながら、高知県予選決勝戦としては2年連続で苦杯を喫し、2年ぶりの高知県代表としての「花園」出場はなりませんでした。ただ、今年度の「花園」は第100回の記念大会ということでブロック代表が出場できるため、11月21日(土)・23日(月・祝)の両日、愛媛県で行われる四国ブロック代表決定戦で、2年ぶりの「花園」出場を目指すことになります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/791 《前のページ | 次のページ》
/791