【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最初の失敗

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2010年 7月13日(火)18時29分27秒
編集済
  久々に受けた歯科医師会集団健康診断で尿糖が++。それでも、「遺伝だなぁ~」程度で放置していた。
それから半年程経って、暴飲暴食なのに体重がすっと2~3キロ減った。そういえば仕事中喉が渇いて500CCの水分補給してもすぐまた飲みたくなる。
やっとこさ重い腰から立ち上がって、内科を受診した。

体重が減らなかったら受診しなかったと思う。それまでは「糖尿は病気じゃない論」を都合のいいように信仰していたから。

HBA1cが9.8だった。
先生曰く「いつ何が起こってもおかしくない状態」。
検査結果が出たその日から経口糖尿病薬の内服が始まった。コレステロールの薬も服用することとなった。しかし、内科は毎回混雑し、薬を処方してもらう待ち時間で退散、数ヶ月で受診しなくなった。

同じ薬を自分の医院で購入した。そのまま数年。どんな薬かもそれほど興味もなく、「このままではすい臓からインスリンが出なくなるよ」と言われたのに薬を飲んでるから大丈夫と勝手に思いこんでしまう。

「感染」というか傷が治りにくいという自覚が少しあった。何年も口角炎が消えないのだ。でも、軽い肉離れから凍傷となり感染した現実は、自分の身体の変化を明確にしてくれたようだ。

大学病院口腔外科の研修医時代に緊急オペを経験している。糖尿病とは知らずに開業医で抜歯した患者さんが術後感染で来院。結局、感染は拡大し頚部膿瘍で呼吸もできない状態にまでなった。その緊急手術の助手としてオペ室に入った。幸い一命は取り留めたが、糖尿病の恐さを目の当たりに体験した出来事だった。

足の感染で整形外科の先生からの一言。
「糖尿病は専門医にかかっているのか???」
そこで恥ずかしながら初めて自分の失敗に気付いた。内科と糖尿病専門内科は違うってこと。
「糖尿病専門医なら、その場ですぐに結果を出すはず。数日後に検査結果がわかるというところは単なる内科。」
こんなこと知らなかった。
 

ヘモグロビン・エー・ワン・シィー(HbA1c)

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2010年 7月11日(日)09時52分53秒
編集済
  「HbA1c」
私の主治医ぽく話すと、「血液のヘモグロビンに糖がくっ付いちゃってる割合」。Hbの寿命は大体120日だから、ここ2~3ヶ月の自分の血糖値のコントロールの平均値としてデータがでることになる。
瞬間的な血糖値の値よりは大切な検査ってなことはどこにでも書いてあるみたい。でも自分がその立場にないと知識というのは右から左と通過しちゃいますね。

血液の赤血球の成分である「ヘモグロビンが身体の隅々に酸素を送る」って大学時代に保健体育の授業では習ったな。臨床検査学や内科の授業でも勉強したはずなんだけど、歯科の国家試験の問題には出ない分野なんだろうな。勉強した記憶は全く無いのです。

血液中に余分な糖分があると赤血球が糖のくっ付いたものになるっていうところがポイントだった。血糖値が高い時間が多い生活習慣だとHbA1cに出てくるということ。
ちなみに正常値は日本糖尿病学会によると
 5.5%未満が優、
 6.5%未満が良、となっています。

私の主治医の評価というのはもう少しわかりやすいのです。
 5%正常(-0)
 6%良好(-1)
 7%可 (-2)
 8%不可(-3)
 9%不良(-4)
 10%不良(-5)
合併症のリスクは、このマイナスポイントに年数を掛け算したもので、例えば10%だとすれば10年から20年の間には必ず重篤な合併症が起こるということになるのです。「-5x20=100(%)」。
さらに現実的な話を進めると、7%なら10年は安全、20年となるとちょっと微妙という評価。
私の場合HbA1c9~10%のコントロール不良期間が5年はあったと思うので、すでに-20~30、目標値を6%台に設定すれば今年50歳としても70歳まで何とか大丈夫という計算になります。細血管障害に関してはね。

さて、難しいのはここから。
意思の弱さという部分は抜きにして、過分なコントロール節制は、低血糖を起こすという現実。そこで食事療法の失敗を避けるために色々勉強していく必要が出てきたのです。

なんでこんな日記を公表していくことにしたかというと、知識がなくてあるいは糖尿病を単なるメタボのひとつとして軽視している人はいっぱいいると思うから。そして身近の先輩達で合併症を発生してしまっ人も多いのです。しかも、なぜか親分肌の魅力のある人に多いのです。
 

糖尿病の合併症

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2010年 7月 9日(金)21時37分16秒
編集済
  心筋梗塞や脳梗塞っていうのは、糖尿だけでなく高血圧・コレステロール・喫煙ていうのが大きな因子であることは皆さんご存知のとおりなんです。

糖尿病では細血管障害が起こる。これが何とか避けたい恐い病気。
網膜症は突然襲ってくる失明。しかも治癒することが無いとなると、家族にものすごい負担をかけることになり、仕事も趣味も完全にアウトってこと。

糖尿病性腎症というのは透析という治療です。血液をきれいにして悪いものをオシッコにするという機能がないと週3回15時間くらいの時間を人工透析に費やすことになるって書いてありますね。

糖尿病性神経障害。足の切断の話は聞くことがあると思います。
以上の三つが細血管障害。

私が本当にヤバイと思って真摯に治療を受け入れることになったキッカケは、足の怪我。

平成21年の1月。剣道の基本稽古で軽い肉離れ、帰りの車で断続的に使用したコールドスプレーで軽い凍傷。凍傷に気付かずにテーピングをして皮膚がただれ感染。最初に使用した抗生物質が無効。左脹脛がパンパンに腫れ、整形外科受診、即糖尿病専門医に紹介状という出来事。
幸いにして足の切開は免れ、薬も利いて事なきを得たわけですが、以来、自分の身体の変調を自覚し、しっかりと治療していく決意をすることに。
その怪我の時はすでに数年間にわたり糖尿病経口薬を飲んでいた。薬を欠かさず服用しているから大丈夫ではないという体験というのが大きかったと思う。

整形外科の先生の顔色が真剣に変わったのがわかった。アンプタ(切断)になるかもって言われましたから、、。脹脛の怪我だったからまだ良かったけど、最初に足の指先の方だったらと言われると、正直ぞっとしました。
その当日のHbA1Cは9.1という数値。

でも、神経症状がでるまでに進行しているというのは、足先を怪我してても気が付かないような状態らしい。私の場合にはそこまでの心配はなかったのかも知れないけど、動機付けとしてはあまりにも十分だった。
 

現在、糖尿病の管理は順調と言えます。

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2010年 7月 9日(金)00時58分25秒
編集済
  今月の検査結果は、三ヶ月連続でHbA1Cが6.5だった。
ほとんど毎日飲んで、しっかり食べて、このデータ。私は自分のコントロールが上手くいっていると信じている。

しかし、初めは失敗の連続だった。
なぜなら、糖尿病は喉が渇く以外はなにも自覚症状もなく、自分では健康体そのものだから。
「今、何が起こっても不思議じゃない状態」ということで始まった糖尿病の内服薬だったが、これがそもそも最初の失敗の原因となった。
 

/2