新着順:19/24 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

食事療法の勘違い

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2010年 7月22日(木)08時47分8秒
  通報 編集済
  空腹時血糖値があまりにも高い場合は別な次元の話となるが、
食後に高血糖になるというのはどうやって対応するかということである。
一言でいうと食べなければ良いわけ。そこでカロリー制限と考えてしまいがちだが、そういうわけでは無いところがミソ。
食後すぐに高血糖にするのは炭水化物。デンプンは唾液で糖になるっていうのは中学校の理科で習うレベルだから誰もが知っている。たんぱく質や脂質は、別のルートで身体に一旦取り込まれてからだから、すぐに糖分となるわけではないのですね。
やせる必要がある場合は脂質制限が有効なのだが、血糖値を下げるのは炭水化物制限ということ。
ご飯やパンを食べないで、おかずを食べれば良いのですね。
全体のカロリー制限をすると食欲というものにずうっと戦っていかなければならないので、無理なんです。そんなことより低血糖の危険のリスクを大きく背負うことになる。意識をなくして大きな事故になる前に正しい食生活を会得する(この場合は血糖値が許容範囲で収まる食生活というべきかな)、この部分の勉強が大切と思いました。
 
》記事一覧表示

新着順:19/24 《前のページ | 次のページ》
/24