新着順:10/24 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

鉄欠乏性貧血と嚥下困難

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2010年12月 6日(月)23時40分56秒
  通報 編集済
  主訴は、「食事がつっかえる」だった。
胃カメラでは、食道も胃も健康そのもの。食道癌でも胃癌でもないのだ。

鉄欠乏性貧血の症状のひとつに、嚥下障害というものがあった。
有名な貧血の症状に続いて出てくるのは、口角炎、舌炎、嚥下障害、異臭症等なのだ。
歯科医が遭遇する場面ではないか。こんなの知らなかったなぁ~。

もうひとつ、鉄分の補充には錠剤が使用されるが、この手の薬はムカムカするらしく、なかなか自分に合う薬を見つけられないようだ。
しかし、小児用のシロップという秘密兵器があった。
Dr.曰く
「子供の薬を大人が飲んではいけないというものではない」
名言だね!
子供用の薬は飲みやすくできているのだった。そう、量を増やせばいいのだ。

ついでに
鉄分の補給には、お茶はダメとかいろいろ学生時代には習ったものだ。
しかし、今では薬の飲み合わせは無視していいという考え方に変わってきているようだ。
つまり、何にも気にしなくていいわけ。ただ、空きっ腹の方か゜薬は有効だよね!
うんちが黒くなるのは、鉄分が吸収されなかったのだ。
鉄分が飲み合わせで沈殿したって習ったことは、昔の理論のようだ。
 
》記事一覧表示

新着順:10/24 《前のページ | 次のページ》
/24