新着順:11/24 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

3歳児検診

 投稿者:タカノサチ  投稿日:2010年11月11日(木)08時19分35秒
  通報
  新しくオープンした保健所に行ってきた。3歳児検診の当番だったから。今回は89名の子供達の来院があった。そこに保護者が加わるから一大イベントになるが、そこは手際の良いスタッフばかりで、しっかり時間内(2時間半)には事業を終えるあたりはさずかというところ。

ここに来る家庭の子は、ある程度きちんと育ってる子が多いはずだが、そこにも特徴というものがある。
一番来て欲しいような家庭の子供はやはり親の問題もあって市の検診には来ないという悲しい実情はあるけど。

3歳半から4歳未満の子供はしっかりしていてもうお稽古事でも始められそうな様子の子も結構いる。この子いいなぁ~ってすぐ思ってしまうのだ。
また、最近はお母さんの年齢が高い。40歳前後だと、お祖母ちゃんなのかも?と思いながら、子供がママって呼ぶからそうなんだと思ってしまうこともしばしばある。子供はしっかりしているね。

特徴というのは、お母さんが妊娠中だったり、下に乳飲み子を抱えてる家庭の3歳児。
情動が攻撃的というか超反抗的な子が多いかも。学問的に言えば第一次反抗期の突入で自我の目覚めの時期。わがままの始まりではある。しかし、自分を構ってくれないストレスはこちらにもあからさまに伝わってくる。これは親の責任のはずだか、もうコントロールできない状態のようだ。

あまりにも可愛がられすぎの弱虫さん。これはいつの時代でもいますよね。全然性格が違う。
もしかして、これはいじめっ子といじめられっ子の原型なのかも?

来年は幼稚園年少となるわけだ。幼稚園の先生方の手腕も大事だね。
モンスターペアレンツという言葉も有名になって、小さい子供の教育を希望する若い先生の卵は少なくなったと聞きます。
親バカを通り越したバカ親への対処。どんなイベントでも事業でも団体活動でもつきまとう問題。この対処は何よりも経験が必要みたいだから。私も少しは慣れてはきたけど何ヶ月も何年も気分が悪いこともある。なるべくそういう人とのやりとりは記憶から消そうとしていますね。
 
》記事一覧表示

新着順:11/24 《前のページ | 次のページ》
/24